スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
東京人の郷愁とは。新たに故郷をつくる。
- 2008/11/13(Thu) -
よみたんのうみ
沖縄の11月ってどんなだっただろう。
12月や1月、反対に暑いときは思い出せるけど、既に11月の沖縄の皮膚感覚が自分の中から抜け落ちてしまいました。



私が東京から沖縄に移り住んだ頃から沖縄の観光地化は様々な企業とともに活発化しており、新しいホテルができたり、その周辺が開発されたり、いい意味での活性化が進んでいました。
当初はそれがうれしくて「今度あそこに○○ができるよ」とか「○○にあのお店が入るよ」とか友達と言い合ったりしたものでした。

便利になるのはいいことだし、東京と同じものが手に取れたり食べられたりするのはうれしいこと。

ただここ2~3年の拍車がかかった沖縄開発&地域活性&観光促進はとめどもなく、時間が経つにつれ、自分のお気に入りのビーチがつぶれていったり、道路の拡張のため大きな街路樹が切り倒されたり、削られていく沖縄の土地を目の当たりにしなくてはいけなくなりました。

そういった「つくられた沖縄」を、観光で来る県外の人たちももしかしたら感じているのかもしれません。
県内の観光の目玉は那覇・北谷・海洋博とあります。
でも中にはそういうところはあえて回らずに、玉城・読谷・東村などを回る人たちもいます。
それが最近では本島→離島へと観光の足が動いてしまっている、それはいたしかたのないことなのかもしれません。

なぜなら、沖縄へと向かう観光の大多数の目的が「観光地にいく」ことではないから。

コンクリートで固まった沖縄なんて、誰ももう見向きもしないと思われるんです。



浜比嘉にバンヤンツリー系のリゾートができるという計画が持ち上がっているらしいです。(琉球新報の記事
たしかにすてきなリゾートになるかもしれない。
実際、浜比嘉の海の青は沖縄のニンゲンでも見入ってしまうほどのものではあるし。
私だってどこかのバンヤンツリーのリゾートにこれから行くかもしれない。

でも複雑です。
外資が入る不安、、、かな(^_^;)

いつまでも私が郷愁を感じられる、そんな沖縄でいてほしいです。

故郷は 遠くにありて 思うもの
スポンサーサイト
この記事のURL | tamana流 おきなわな話 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<音楽とか聞いてみちゃう~~? | メイン | Tokyo Tamana Cafe やっと開店です>>
コメント
-今年は-
今年の11月は暑いです。今日も28℃ぐらいあったので平均気温から3℃高い!

沖縄のあらぬ方向への観光地化・・・このまま変わらずに突っ走るのでしょうか!?南部ややんばるも那覇みたいになったらどうしよう・・・。
2008/11/15 23:47  | URL | yukio #-[ 編集] |  ▲ top

-あつ~~~-
「沖縄は28度らしい」
と職場で言ったら、しんじられん!!!!とリアクションが(^_^;)
そんな話のさなかにちょこっと飴をつまんだら
。。。。飴が包み紙にくっついていない。。。。。
やっぱさ、沖縄は暑いんだよ。
そっちで溶けてない飴、見たことなかったもの。

ヤンバルはそのままでいてほしいです。うん。
遊びに行きたくなってきた♪
2008/11/18 15:23  | URL | nano #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top

-承認待ちコメント-
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/02/13 13:14  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tamanacafe.blog36.fc2.com/tb.php/76-e7745ecb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。