スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新居
- 2010/08/15(Sun) -
転居はロマンだ。


と、いう名言も格言もない。
引っ越すことがあまりいいことだとは思ってはいないが、この20年程の間に10回ほど転居している。
つまり2年に1回更新だ。


自意識11回目の転居は、この9~10月に行われる予定。
北区西ヶ原→豊島区東池袋へ。
私の潜在的な「東京都西側あるいは海より思考」からどんどんかけ離れている様子。
でも、今度の家は長くなりそう。
マンションを買ってしまいました。

ローンレンジャー仲間入りです。

海藻もしていく予定。


・・・改装だわ(^_^;)
ちょっとがんばりたいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | ロマンはどこだの話 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
山本周五郎「寝ぼけ署長」 初!山周!!!
- 2010/08/15(Sun) -
「山本周五郎」はご存知か?

実際のところ私にとっては陰に含まれる部分の作家でありました。

寝ぼけ署長 (新潮文庫)寝ぼけ署長 (新潮文庫)
(1981/08)
山本 周五郎

商品詳細を見る

本をよく読むヒトも、読まないヒトも、自分の好きな作家にはスポットライトのような光があったていると思う。
さらに、そのライトの端には五万と(ヒトによって差はあると思うけど)いう作家がひしめいていると思う。
で、さらにだ。
その外側のダークなサイドに幾千万の作家がいるという、誠におこがましい読者たちなのです、私たちは(^_^;)

山本周五郎(敬称略)は私の中の「お金と時間があったら読むヒト」で、必ずしもスポットライトの作家ではありませんでした。
陰の奥に潜んでいる作家。

なぜ彼を読むことになったかというと、ウチの職場のもう一つの書架(前述教授RN書架)に対するところの『MM書架』のせいなのです。



それは上野の御池を見下ろす、とあるビアガーデンでのことです(笑)。
その日はビアガーデン日和な日没にも関わらず、ウィンドサーフィン上級者日和な強風で、頼んだポテトもピザも風上の席に飛んでいきそうな気配でした(実際タバコの灰などは飛んでいました)。
「山本周五郎、いいっすよ」
とMM助教授。
から始まり、オーダーストップまで山本周五郎で洗脳されました(^_^;)
まじですか、そんなにいいんですか?
MMがいうなら、ただの人情物ではあるまいな、ただの警察小説ではあるまいなね~。

そこまでいうなら、、、と、普段の小林泰三や、曽根圭介、平山夢明、ましてやチョット読みの有川浩や伊坂氏にはお休みいただき、「寝ぼけ署長」を読ませていただきました。このお休みに。

寝ぼけ署長 (新潮文庫)寝ぼけ署長 (新潮文庫)
(1981/08)
山本 周五郎

商品詳細を見る
アゲイン(^_^)


なるほど~。
あなたは「怪人二十面相」シリーズを読んだことがあるか?はまった小学生であったか?

小学生のとき私は読書感想文として怪人二十面相「シリーズ」を取り上げました。
そうそう、「小学校卒業記念にはまった作家を書こう」とおもったんですな。
6年生が書くには幼すぎる題材ですが。。。。
その中で生意気にも私は「怪人二十面相というのは実際はヒトではなく、ヒトの中にある悪意です」などということを書いたわけですね。。。恥ずかし。

でも、寝ぼけ署長はまさにそういった明智小五郎なんですよ。
怪人二十面相がマントも着てなく(かっこ良く)擬人化されていないので、署長は柔術に長けていなくてもいいしハンサムである必要もない。

読んでみたことがないヒトは手に取ってみるといいと思います。
他の作品に関しても大変興味深い(^_^)
善と悪が色分けとかで目に見えていればかなり楽なんですが、そうではないからこうもシナプスが増えるんですな、ニンゲンは。
この記事のURL | もじで遊んでみる話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バリから帰って沖縄に行ったさぁ~
- 2010/08/15(Sun) -
『Attention please アテーションぷりーず』
本機はバリから東京成田に帰国する一部始終をお伝えするには、金属疲労が多すぎますので、このまま沖縄に不時着させていただくことにしました。
ご了承ください。
皆様にはこのままお正月の沖縄をお楽しみいただくことになります。
予定しておりました1月成田の気温は4度、到着予定地の沖縄那覇市は16度となっております。


というわけで、バリからはかえってきったんですけどね。
書くのがおっくうになってしまいました。
楽しいたびは終わらせたくないものです。

私たちが沖縄にすんでいるとき、海外から帰ってきても、帰宅先は亜熱帯の島でした。
その気分で♪


今は昔、今年の1月に、世間でいう「お正月休み」なるものを私もいただきまして、nobuと急に沖縄に行ってまいりました。

普通さぁ、お正月の旅行って結構前から予約とかしませんかね。
とれるんですよね。そうしなくても。
1月3日から2泊3日で沖縄に行きました。

しかも今回、こいつら連れ
sutaba.jpg
ニコさんナナさんのコンビです。
スタバの前の捨て犬のような2匹の近影。

今回の旅の目的は
「沖縄に行ってburuちゃん(トリミング屋さんの「ぶるはうす」)にきれいにしてもらおう~」
ですから。
ですから、こいつらはモサモサで旅参加なのです。

とりあえず、飛行機から降りましたら、やっぱりムッとしている湿度70%の沖縄でした。
レンタカーは冷房がギンギンに入っていました。
やっぱ沖縄だよね~(^_^;)
でもまあ、くもりでしたので冷房もとめさせていただき、nobuの古女房でありますところのGOちゃんと「パンダ餃子」にいきました。

なんで沖縄で餃子か。
おいしいんですよ。ここ。

GOちゃんとの話はつきないですけど、楽しいですけど、普通にさよならします。
まるでまた明日会えるかのよう。
あさっても明々後日も、海でふつうに会えるかのよう。
友達とはそういうものですな。
そして、旧知の仲である友達には急所を突いたお土産も忘れません。
今回はこれ→フレーバーシフォンケーキ
荷物がこれでいっぱいですがな(^_^;)

翌日はよ~く晴れていたので、nobuさんは海にサーヒンに。
nanoさんは「いくら沖縄でも海は寒いわい!」と海辺で昼寝。
chatan.jpg
7&2はぼさぼさのままですけど。

夕方は沖縄に住んでいた時のように、浜辺に散歩です。
72.jpg

この後無事トリミングも終了。
ちゃんとカワユくなりました。

沖縄はいいかも。やっぱり。
この記事のURL | tamana流 おきなわな話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。