スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バリでは観光もしたのね
- 2010/04/25(Sun) -
バリでは絵も見たかったのです。
まぁ、旅全体の1%くらいしか占めていませんでしたけど。

バリの絵はもともとヒンドゥ教の色を濃く反映したものでした。
一言でいっちゃうと
「インドっぽい」
絵の中をゾウがきらびやかに歩いているような感じです。

ただ、幸運なことにそこに西洋絵画が流れ込みます。
オランダ統治下にあった時代、島の中央部に位置するウブドの領主であった地元の族長が、なんとオランダ人とドイツ人の絵描きさんをウブドに呼んで住まわせ、地元の農民工芸家たちとチームを組ませ
「チーム・ピタ・マハ(偉大なる光チーム)」
をつくったのです。

すごい。

ゴーギャンみたいに南の島に住んでることで、自分の絵を高く売るメリットとしか考えてないのとはわけが違いますな(ま、結局それでゴーギャンは成功しちゃったんだけど)

それで一つの絵画文化の流れをあんな小さなアジアの島に作り出しちゃったわけです。

ウブドスタイルとかバトゥアンスタイルというこの流派は、国際的にも認められ今まで継承されています。
それどころか第二次大戦後、あるいは1970年代に入っては独自のスタイルを持つ流派もできました。
西洋のまねごとではなく、進化しているのです。

私が好きなのは1970年代以降のプンゴセカン・スタイルという名前だとわかりました。
花や果物や鳥を鮮やかに描くこのスタイルは、木の上の静物画のようです。
比べてはいけないのでしょうけれど、腐った果物やひからびた花を静物画として描く人たちがとてもかわいそうに見えますよ(^_^;)

さて、長くなりましたがこれを買いにウブドまで行きました。
もちろんタクロー手配(^_^)

車にのること1時間ちょっと。
ウブドに着くんですな。
で、たくさんあるギャラリー(というほどのものでもなく、かなりオープンカフェ風)とか、縁日のテキ屋のごとく軒を連ねる露天ギャラリーを見ました。
e.jpg
ここはちゃんとしたギャラリーのとこ。
で、2枚絵を買いました。

でかいのは、それを飾れるところに住んでから(^_^;)

あとウブドに来たらライステラスも見なければ。
ということで昼飯はライステラスのカフェで。
rice.jpg
米を見ながら、米を食う。
ダチョ◯王国を見てから、ダチ○ウステーキよりは全然大丈夫。

可愛いポリスメーンもいたのでちょっと盗撮。
police.jpg


この日はこれくらいで帰途につきました。
途中アクセサリー屋によったり(惨敗、ウブドよりもスミニャクあたりがよろしい)
竹のカランコロンなるやつを買ったり(今人気薄らしい、でもかなりお気に入り)
お寺によったり(不勉強だったため、わからず)
スーパーによってお土産を買ったり(訳の分からないタレも購入、しかも生、しかも持ち帰ったし)

話はそれますが、バリでお買い物であるなら、やはりスミニャクあたりがよろしいようで。
「このお店、買い占めてもいいかもしれない」
というようなところが所々にありました。
もうちょっとゆっくり歩いてみたかった。

今度いくならスミニャクに宿を取ろう。
もちろんタクローさんのところがメインだけど。
スポンサーサイト
この記事のURL | ロマンはどこだの話 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
バリだってば!(3)
- 2010/04/11(Sun) -
ホテルはあるけど、、、
タクローさんのバンガローに泊まってみた~(うるるん風)

だってさ、すごく楽しそなんだもの。
だってさ、すごく夕日がきれいなんだもの。
だってさ、nobuが帰りたがらないんだもの。

で、1泊はホテルのお泊まりをすっぽかしてタクローさんのところに泊まることにしました。

もちろん日中は波乗りをしてますよ。
そして写真はないです(^_^;)

35160037.jpg

サーフィンもこんな時間までしてるとちょっと寒くなります、、、、ってことで!!!
「ドラム缶風呂!!!!!!!!!!」
あり得ますか?
バリでドラム缶風呂!
バリドラ!ですよ。

露天風呂はいいですよね。
夕焼け風呂もかなりいいですけど。
海見ながら風呂、もかなりいいですけど。
ドラム缶風呂は、さらに全てを兼ね備えていて素晴らしすぎます!
しかもビンタン大瓶をラッパ飲みのオプション付きです♪(ご覧になりたい方はご一報ください)
35180029.jpg
タクローさんのところはお湯がでません(2009年10月現在)
でもドラム缶風呂で温まって(温泉の元入り)夕食の前の小休止。
どこのサーファーもそうみたいですけど、明日の波が気になります。ね。
35180031.jpg
で、ごはんです♪
ホントにおいしかったです。
イナの作ってくれたごはんは、バリにはあるまじき熱々でうまうまです!!!!
そしてこのシチュエーション。
厨房は電気がありますが、その他は全てろうそくかランプです。
タクローさん曰く「この方が経費がかる」。
でも、このほうがおいしいし、たのしい。
35180036.jpg
おっとこまえ、の「せんちゃん」を加え、4人で飲みました(食べました)。

たのしい。
というか、異国に旅してきてサプライズをもらった感じでした。
どうしましょ、バリ、好きになりました。
この記事のURL | 海で遊んでみる話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。