スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
未来予想図
- 2011/01/23(Sun) -
「そのうち会社なんか行かなくったって、家で全部仕事ができて、買い物が出来て、勉強もできるという時が来る。もうすぐだ」
というのは、ウチの父の30年前の言葉です。
当時は、
「何言ってるんだ?コンピューターも(パソコンという言葉はありませんでした)できないくせに」
と、数学部でC言語勉強中の中学生で、SFマニアで、戦闘機マニアだった私は鼻をくくっていたのですが、やっぱり年長者の言葉にはそれなりの裏付けと先見があるわけで、実際にはその言葉以上の時代がきてますね。

「ネットで友達ができる」

SNS(ソーシャル ネットワーク サービス)というのがずいぶん前から流行のようです。
映画までできちゃって。
日本ではSo-netから始まりmixi、Facebook、Twitter。。。
多少の抵抗感はありましたが、なんだかんだで全部やってきてます。もちろん、もう更新しなくなったサイトも、消えてしまったものもありますが。

ブログを書く時間が無いときに、ちょこっと書き込んだり、友達の近況を見たり、というのは楽しいものです。
私が今活用しているFacebookでは、研究室に現在いる留学生や、外国に行ってしまった(帰ってしまった)人たちとコミュニケーションを取ったり、大学時代の同級生の近況を知ったりするのに便利だったりします。

もしかして同窓会のときに、何も話す事無いんじゃないかしら。
そんな感すらあります。

でも実際は、留学生の子たちと以前よりスムースに会話ができるようになったりしてますから、今度の同窓会の時はいつもより親密度がますのかな、などと期待してるわけです。


話をSFに戻しますが、30年前、SFで描いた未来というのはこうではなかったです。
宇宙(あるいは他の惑星)に人が住める建造物が建ってたり、恒星間ロケットで移民したり、核戦争があって地球に住めなくなってたり、人類が滅亡してたり、生き残ってたり、復活してたり(^_^;)
もっと単純で子供っぽかった。
もちろんSFに出てきた多くのもの、ビルの谷間を抜ける立体交差を走る電気自動車やら、子供までもが携帯電話で写真を撮るという日常、お掃除ロボット(夏への扉だ)、3Dの映画、などなどは出来ましたけど。
過去のSF作家たちも、金融崩壊で経済から日本が衰退するとは思っていなかったはずだし、SNSやメールというツールを使ってタイムリーではなくコミュニケーションをとれる、一種のタイムトラベルを含む人とのつきあい方が出来上がるとも思っていなかったはず。
やはり成熟した社会というのはパイオニア精神というものが薄れてしまって、個人から内へ内へと拡張するものなんでしょうか?
そういう社会では社会を滅ぼす「敵」というのは宇宙から攻めて来るタコみたいな生物ではなく、目に見えないイデオロギーなんでしょうかね。
手塚治虫サンがご存命だったら、今の世界でどんな火の鳥を飛ばすか見てみたいです。


私には30年後の未来を予告するようなことが出来無いのが残念です。
少なくともSFにお決まりの「永遠の命」だけは勘弁してもらいたいかな。
スポンサーサイト
この記事のURL | 昔からの話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
かんのんに見守られる日々
- 2008/10/29(Wed) -
「観音様」とするとなんだか仰々しいです。
もちろんそっちの方が丁寧なんだけど。
で、そっちの方が正しいと思うのだけど。

という訳で、ウチの近くには「かんのん」がいらっしゃいます。
文京区いきなりかんのん、という感じなんですがご住職も楽しい方ならば歴史も深く、さらに猫好きです。

先日、一箱古本市がその光源寺さんで開催されたので行ってみました。
本当は出たかったので古本市の方はうらやましいばかり。。。
ミカピのチャイはとってもおいしかったです。
どんなシチュエーションでも(例えばランパ◯とかでも)そうなんですが、私の職業の話をすると大体始まる「青空診療所」。
今回もご住職のお家の大切な方を訪問診療です(^_^)
結果、なんともなくってよかった♪

そして初めていただくタイプの診療報酬がこれ♪
かんのん御供物
うれしい♪
この部分が特に♪
かんのんの袋1
すげーキッチュ♪

ちなみにこの絵はご住職のお名刺にもプリントされてます。

かんのん好きになったとです。


追記
ご住職のおうちがすごくすてきでした。と、日記には書いておこう(古)
いやホントにすてきでした。
この記事のURL | 昔からの話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中秋の名月でした
- 2008/09/15(Mon) -
叔母と門前仲町の焼き肉屋に行く途中、あがって来たばかりの宵の月が薄ピンクできれいでした。

先日、近くの写真屋さんに目を付け、沖縄で撮った写真をやっと出しにいきました。
その中にあった満月の写真。
沖縄の満月
同じ海の上に上った月なのに、仲村渠と木場ではかなりおもむきが違いました。

まあ、想いはコバルトブルーの海に馳せながら、生ビールに喉を鳴らし焼き肉を食べた訳なんですが(^_^;)

口直しに沖縄の夜景をもう一ついかがでしょう。
沖縄の夜景
どちらもLOMOで撮った写真。
東京でもLOMOを構えられるのかしら。

実際は沖縄の方に台風があるようで、こんな感じの海かと思われます。
沖縄の台風
ううむ。大自然だ。

下町は秋祭り真っ盛りです。
御神輿がわっしょいわっしょいしてます。
来週は根津神社の大祭。
久しぶりですごく楽しみ♪

nobuのお店は今日から内装工事に入りました。
この記事のURL | 昔からの話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
柿がキライ。好き嫌いは何の始まり?
- 2007/11/18(Sun) -
柿と鍋

柿が嫌いになったのは、祖父のせいに違いありません。
祖父の家には柿の木がありました。
1本だったか、2本だったか。
祖父は毎年その柿がなるのが楽しみで、色よく実ったらヒヨドリに穴をあけられる前に収穫しテーブルの上に並べておくのです。
数日するとくさったような甘いニオイがしてきます。
事実くさっているような柔らかさで、ちょっとでも押せば果汁というより分泌物がでてきます。
それを祖母が丁寧にむいて、祖父がすするように食べるのです。

これはダメだ(-_-;)
と、子供の私は思いました。
「これなら大丈夫よね」と祖母が固いうちに柿をむいてくれるので食べてはいましたが、食べなくていいならそれにこしたことはない、と思っていたチビnanoでした。

でも、いただいた柿はとてもきれいでルクルーゼ色をしていました。
視覚的には大好きかもしれません(^_^;)



そして、視覚的にそそられる、昨日のうちのチゲ鍋。
ちげなべ

日暮里から送ってもらったケジャンが入ってますから~~~♪
うまいのです~~~~!!!
チゲ鍋のケジャン

初めて食べたケジャンだけど予想を上回る美味しさです。

機会があったら食べるべきな一品であります♪
この記事のURL | 昔からの話 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。