スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
また移転です
- 2012/03/07(Wed) -
FH000017.jpg
tamana cafeまたもの移転です。
こちら

ちょっと可愛い感じのページになりました。
広告ないですよ~♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
私、歩くの好きでしたんでした
- 2011/03/26(Sat) -
地震がありましたね。
危惧されていた原発もやはり、というか想像以上に危惧されていた事をおこしました。

「自分のできる事を今しよう」

というのが事があってからみんな思っている事だと思います。
そうしないと立ち止まってしまって、この3月というのに日本列島を覆っている寒気のような悲しみに押しつぶされて、、泣いちゃうからです、と思います。

前に進むためには、できる事、しなくちゃ。


ところで、私、実は、歩くの好きだったんですよ。
ずいぶん長いこと忘れていました。
10770022.jpg
電車が大して動かなくなってしまってしかもガソリンも滞ってしまったとき、圧死しそうな電車に乗る事がどうしても出来ず、大学から家まで歩きました。

ふらふら歩いて1時間くらいの道のり。

それで思い出したんです。あ、これ好きだった。と。



高校生のとき私はとてもよく歩きました。
渋谷から六本木なんてなんてざらです。
日比谷から表参道ということもありました。

とある事で、どうしても家に帰りたくない時期が長く、かといって家出なんかするタマでもありませんでしたし、大学には行きたかったですから予備校にせっせと行き家にいる時間を少しでも減らす生活をしていました。
でも、予備校も毎日ある訳じゃありません。
お金も持っていませんから街でぼ~っとするか、本屋で立ち読みか、お金があれば映画を見るのが余暇の過ごし方です。
ところが街はバブル全盛期最終章。
女の子はディスコただ券を簡単に入手できます。ディスコ飯(ふやけたパスタ&乾いたサンドイッチ)もただです。

食ったら、あるく。
エンコーもどきは好きじゃありませんでしたから、断るついでにそれが結構私の中のはやりでした。
「歩きますから」

広尾/表参道辺りを歩く颯爽と歩くモデルさんはどの雑誌よりもかっこ良く、歩き方も様になっていました。
マネしましたとも~~。
足の長さはかなり足りませんが(^_^;)

人ごみも大好きでした。
そこを反対方向に歩くのも好きでした。

足に合わない靴を履いていたせいで外反母趾のひどいのになっちゃいましたけど、私が高校を正気のうちに卒業できたのはここら辺が結構大きかったんだと思います。



さてそんな事をすっかり忘れて、沖縄からこっち車生活に慣れ慣れでした。
最近は仕事に行くのももっぱら車。
ところがこのガソリンパニックです。しかもウチの車は温暖化にも貢献してしまってるやつなので、即使用禁止にしました。
そしたら電車しか無いですものね。。。ま、自転車という手もありますが(^_^;)
久々に通勤で乗った山手線が、意外とよかったんですよ。
駅までの道も悪くなかった。
もう一方の近隣の駅は地下鉄でして、これが朝歩くにあまり適していません。しかも激混み。
お金はかかりますがJRと地下鉄と乗り継いでいくのは、格段に快適なんです。

そして、びっくりした事に、楽しんで歩いたら外反母趾がいたくないんです。
すげ~~~っ。
だっていつもは取れそうなくらい痛くなるのに。
しかも南北線の長い階段を小走りに上る自分<えらいっ!

ま、そんなわけで、休みの今日も結構歩きました。しっかし寒かった!
でも寒い時は歩くのに適してます、うん。
だけど、早く暖かくなって桜が見たいですね。
IMGP0315.jpg

この記事のURL | トウキョウ話 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
未来予想図
- 2011/01/23(Sun) -
「そのうち会社なんか行かなくったって、家で全部仕事ができて、買い物が出来て、勉強もできるという時が来る。もうすぐだ」
というのは、ウチの父の30年前の言葉です。
当時は、
「何言ってるんだ?コンピューターも(パソコンという言葉はありませんでした)できないくせに」
と、数学部でC言語勉強中の中学生で、SFマニアで、戦闘機マニアだった私は鼻をくくっていたのですが、やっぱり年長者の言葉にはそれなりの裏付けと先見があるわけで、実際にはその言葉以上の時代がきてますね。

「ネットで友達ができる」

SNS(ソーシャル ネットワーク サービス)というのがずいぶん前から流行のようです。
映画までできちゃって。
日本ではSo-netから始まりmixi、Facebook、Twitter。。。
多少の抵抗感はありましたが、なんだかんだで全部やってきてます。もちろん、もう更新しなくなったサイトも、消えてしまったものもありますが。

ブログを書く時間が無いときに、ちょこっと書き込んだり、友達の近況を見たり、というのは楽しいものです。
私が今活用しているFacebookでは、研究室に現在いる留学生や、外国に行ってしまった(帰ってしまった)人たちとコミュニケーションを取ったり、大学時代の同級生の近況を知ったりするのに便利だったりします。

もしかして同窓会のときに、何も話す事無いんじゃないかしら。
そんな感すらあります。

でも実際は、留学生の子たちと以前よりスムースに会話ができるようになったりしてますから、今度の同窓会の時はいつもより親密度がますのかな、などと期待してるわけです。


話をSFに戻しますが、30年前、SFで描いた未来というのはこうではなかったです。
宇宙(あるいは他の惑星)に人が住める建造物が建ってたり、恒星間ロケットで移民したり、核戦争があって地球に住めなくなってたり、人類が滅亡してたり、生き残ってたり、復活してたり(^_^;)
もっと単純で子供っぽかった。
もちろんSFに出てきた多くのもの、ビルの谷間を抜ける立体交差を走る電気自動車やら、子供までもが携帯電話で写真を撮るという日常、お掃除ロボット(夏への扉だ)、3Dの映画、などなどは出来ましたけど。
過去のSF作家たちも、金融崩壊で経済から日本が衰退するとは思っていなかったはずだし、SNSやメールというツールを使ってタイムリーではなくコミュニケーションをとれる、一種のタイムトラベルを含む人とのつきあい方が出来上がるとも思っていなかったはず。
やはり成熟した社会というのはパイオニア精神というものが薄れてしまって、個人から内へ内へと拡張するものなんでしょうか?
そういう社会では社会を滅ぼす「敵」というのは宇宙から攻めて来るタコみたいな生物ではなく、目に見えないイデオロギーなんでしょうかね。
手塚治虫サンがご存命だったら、今の世界でどんな火の鳥を飛ばすか見てみたいです。


私には30年後の未来を予告するようなことが出来無いのが残念です。
少なくともSFにお決まりの「永遠の命」だけは勘弁してもらいたいかな。
この記事のURL | 昔からの話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
さあキッチンを自慢しよう
- 2010/12/28(Tue) -
IMG_0242.jpg
前の家よりも若干大きくなったキッチン。
水回り火回りはいじることはできないけれど、その他の収納は使いやすくかっこ良くしたかったんです。
冷蔵庫も買い替えてしまった♪
三菱の「光ビッグ」性能よすぎ!!
冷蔵庫に入れておいた方がキャベツが甘くなるなんて!今までなかったもの。

前のヒトが使ってたのはこんな感じで。
IMG_9781.jpg
奥にある冷蔵庫は少し使いづらい感じだし、天井まである収納はちょっと圧迫感。


さて、あらためて自慢のキッチンをご紹介しましょう。
一番上の写真にあるように、冷蔵庫は白くしなかったのです。
IMG_0234.jpg
右側は最初からあるシステムキッチン。
この左側の収納は実はIKEAのもの。
もっともそれは中身だけで、天板と扉は内装をやってくれたボウズさんの「つくっちゃう?」の一言でばっちり特注♪
もうそれだけで他にはないものになっちゃうんだよね。
(ただし、IKEAの組み立て家具もかな~~り大変だった、購入予定の方は注意)
IMG_0233.jpg
いいでしょ~。
引き出しの取っ手はトランクの取っ手。
IMG_0237.jpg
収納の上には念願の「台所本棚」&「台所スピーカー」。
料理しながら本も読めるし、音楽も聴けるんだよ!!!

引き出しの一番上はもろにIKEAだけど、これ使いやすいんだよね。
IMG_0235.jpg
毎日の料理が楽しくなることウケアイなのです。
この記事のURL | インテリアな話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
逃避行動
- 2010/12/22(Wed) -
小耳にはさんだ話。
仕事からの逃避行動の賜物です。



どうやらAwardにノミネートされているらしい。

あなたも一緒に逃避しましょう。
この記事のURL | 小耳ニストなはなし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。